壁に向かって腕立て伏せでバストアップ

バストアップ方法として腕立て伏せをやっていましたが、腕立て伏せは年齢とともにすることが難しくなります。
しかしこのバストアップ方法は壁に向かって腕立て伏せをするので年配の人や体力に自信のない方にもできます。
壁から2歩ほど下がったところから壁に向かって肩幅くらいに足を広げます。
同じように手も肩幅ほどに広げて壁に付けます。
指先はリラックスした感じに広げて少しハの字になるようにします。

あとは腕立て伏せをするように体を壁の方へと近づけます。
この動作を素早くするのではなく1回に10秒以上かけてゆっくりとするがバストアップのコツです。
バストアップ腕立て伏せを朝と夜に20回ずつ行います。
簡単な動作の様に感じますが慣れるまでには腕や胸の筋肉が痛くなります。
痛くなるということが同時に効果があるということが実感することができます。

最初は慣れるまでにかなり腕や胸の筋肉が痛くなります。
ここでバストアップをあきらめてしまうのか、頑張って続けるかによってその後が違ってきます。
毎日続けることはかなり根性がいることだと思います。
しかし習慣になってしまえば逆にこの体操をしなければ1日が始まらなかったり、1日が終わらないという気持ちになるのです。
すぐにはバストアップの効果は表れないかもしれませんが毎日コツコツですが続けることで確実に同世代の人との差が生まれてくること間違いなしです。
最終追い込みで、バストアップサプリの「ピンキープラス」をプラスすることで、形良くバストアップが可能となります。
ピンキープラスについての詳細はこちらから

年とともにバストも下がってしまうのは仕方がないことです。
大きい人はより一層、そうでない人もそうでないなりに下がってしまいます。
悲しいかなこれが現実なのです。
しかしバストが綺麗に保てていると見た目もずいぶんと違ってきます。
いつまでもきれいなバストでいたいと思う気持ちはありますが、なかなか行動に出来ないと思っている人も多いかもしれません。
しかし、毎日のわずかな時間できれいなバストを保つことができるとしたなら頑張ってやってみてほしいです。
毎日習慣づけてやっていくことでバストアップは夢ではなくなるのです。
私は3日坊主にならないようにお風呂に入る前と朝は歯を磨く前に体操をすると決めています。
何か決まり事をつくれば意外に続けてすることができるかもしれません。