キャッシングを利用すると言う選択肢

給料日当日にパチンコで給料をほとんど使ってしまい、生活費が無くなってしまった。
とりあえず友人に借りてやり過ごそうとしたが、友人から借りることが出来た金額が5万円程で家賃・水光熱費・食費・生活費を賄っていくには足りなかった。
両親に借りると言う選択肢も無くは無かったが、その当時両親との折り合いが悪く「お金を貸してほしい」と言えなかったため、どうにかして乗り切る方法は無いかと考えた結果キャッシングを利用すると言う選択肢に行きついた。
正直、キャッシングを利用する事には抵抗があったが、飲まず食わずで生活する訳にもいかず、また、仕事上で多少の雑費も必要になるためある程度まとまったお金を持っている必要性があったため。

「借りるは簡単。
問題は借りてから」と言うのが本音。
初めての契約と言うこともあって、審査は問題なくスムーズにクリアすることが出来、数時間程度で現金を手にすることが出来た。
ただ、本来必要な金額以上の融資枠を貰ってしまったこともあり、それを使わないようにする「意志の強さ」が何より大切だと思った。
また、月々の返済は最低返済額こそ少ないが、効果的に元金を減らしていくためにはある程度の金額を返済する必要があり、遊ぶ金を削って借金返済に充てられる気持ちが無いといつまで経っても返済が終わらないと言う感じを得た。

キャッシングを利用したら、「何をおいてもまず返済」と言う気持ちを持つことが大切だと思う。
仕組みを考えれば一目瞭然だと思うが、大切なのは「どれだけ早く完済できるか」で、その為には月々の返済金額を可能な限り増やしていく事が大切。
その為には遊ぶ金や食費などを切り詰めても「まずは借金返済の余力を増やしていく」という事が最も大切で、そこで「来月多く払えばいいや」と考えるようではいつまで経っても完済できないだけでなく、更なる借金に繋がってしまう可能性が高いと思う。
兎にも角にも計画的かつ実現可能な返済計画を事前にたてることが大切。