CMで沢山のキャッシング会社が宣伝

きっかけはは生活費として借り始めた事でした。
当時の旦那がギャンブルで小遣いをすぐに使い切ってしまうため、給料日までギャンブルをしないことを約束しては追加で小遣いを渡す状態が続いて、貯金も特に無かったので生活費として使うために借りました。
当初は自分の中で生活費という名目でしたが、ギャンブルにのめりこむ旦那に嫌気がさして、離婚する為の費用としても使いました。
敷金、礼金、引越し費用など、一時はキャッシングが30万円程になっていました。
それからも返済しつつ元金に余裕が出ればキャッシングを繰り返していました。
20代前半で担保も保証人もなく借りれるというのは昔では考えられないですが、本当に簡単に借りれる事に当時は驚きました。

簡単に借りれて簡単に返せると思っていましたが、返すのは意外に大変でした。
まず、利息が1ヶ月で見ると大金には思えないのですが、1年で見ると元金と並ぶような額だったと思います。
CMで沢山のキャッシング会社が宣伝し、担保もなし、保証人もなし、審査も簡単なので気軽に借りてしまいました。
借りてるという感覚はすぐになくなり、自分の預金のような感じでカード1枚でコンビニでも引き出せると返す事は頭から消え、月3千円?6千円の返済もあまり大きな額に感じる事なく麻痺していました。

きちんと返済計画を持って借りる事をお勧めします。
返済計画もなくダラダラと借りる、返すを繰り返しても元金は減りません。
大金を借りる時は特に返済計画がなければ、ただ利息を払い続け、時には損をしているのではないか?と疑問に思いつつも金銭感覚が麻痺してしまって、元金が減っていない事実が分からなくなってしまいます。
少額でも月数千円と侮る事なかれ。
ただ、利点としては、時間外に手数料を取られて銀行から引き出すよりは、キャッシングをして、すぐ返すを守ると安く済む事もあるので、一概にキャッシングが悪ではないと思います。